暮らしのデザイン暮らしのデザイン

  • 検索
  • マイページ
  • カート
ようこそ、 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}

{@ member.total_points @}P 所持

  • マイページ
  • 最近チェックした商品
  • カート

部屋をカフェ風にするレイアウトの参考画像やポイント

部屋をカフェ風にするレイアウトの参考画像やポイント

最終更新日:2023.1.13

※この記事は2023年1月13日時点の情報です。公開時から商品情報が変更となっている場合がございます。

ソファを買い替えるタイミング

落ち着いた雰囲気の店内におしゃれなインテリア、心地よいBGMが流れる開放的なカフェ空間。自宅のリビングダイニングやお部屋を、カフェのようなテイストでコーディネートするのに憧れている方は多いのではないでしょうか。飾り棚にお気に入りの雑貨をセンス良くディスプレイしたり、好きな観葉植物を置いたり、アイデア次第で簡単にお部屋をカフェスタイルにコーディネートできます。

今回は、お部屋をカフェ風にレイアウトするためのポイントや参考画像をご紹介します。カフェ風のインテリアコーディネートを検討中の方は、ぜひ部屋作りのヒントにしてみてください。

カフェ風レイアウトの特徴

自宅のリビングダイニングを人気のカフェ風にしたいときは、どのような点にこだわって部屋作りをすればいいのでしょうか。まずは、カフェ風レイアウトの特徴をご紹介します。

ナチュラル感を演出できる家具がある

アイアンを組み合わせたウッド調のカフェテーブル

カフェ風の空間にしたいときは、自然素材で作られた家具を配置することがおすすめです。無垢材で作ったテーブル、ウォーターヒヤシンスやラタンなどの植物を使用した椅子など、ナチュラルテイストの木製家具をそろえましょう。

さらに、質感や風合いの違う素材をアクセントにすると、ヴィンテージ感を演出できたりナチュラル感を引き立てたりすることができます。たとえば、アイアンを組み合わせたウッド調のカフェテーブルや、レザー張りのチェアなどを組み合わせてもスタイリッシュなカフェ風の空間になるでしょう。自然感がある素材の食器や小物をそろえたり、カーテンやクロスをそろえたりすると、さらにカフェらしさを演出しやすくなります。

壁紙にこだわっている

レンガ風の壁と薄い緑色の壁

壁面の色や柄を変えるだけで、手軽に部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。「カフェ風」といってもスタイルはさまざまですが、モダンな雰囲気を作りたい場合はレンガ調や石目調、コンクリート調の壁紙がおすすめです。レンガ風の壁紙は、ヴィンテージ調のインテリアとの相性も良くカフェ風の空間づくりに効果的です。リラックスできる空間を作りたい場合は、白や薄い緑、明るい青など、明るい色の壁紙を検討すると良いでしょう。

間接照明を取り入れている

間接照明

間接照明をうまく配置すると、おしゃれな雰囲気の部屋になりやすくおすすめです。天井に取り付けるタイプや、サイドテーブルや床の上に置くスタンドライトなどさまざまなタイプがあります。間接照明は、1つに限らず複数取り入れても温もりが感じられて素敵な空間が演出できます。お部屋全体を見ながら、バランス良く配置してみましょう。

カフェ風リビングのポイントとレイアウトの例

まるでカフェのように、おしゃれでゆっくりくつろげる空間にするためには、以下の点を意識しながらレイアウトしてみましょう。リビングをカフェ風にする際に、意識したいポイントとレイアウト例をご紹介します。

カフェ風リビングのポイント

カフェ風リビングのポイント

カフェ風のリビングに仕上げるなら、本物のカフェのような開放感のある空間作りを目指しましょう。リラックスしてコーヒーを飲んだり、家族や友人とゆっくり話したりできるように、スペースをたっぷり確保しながら家具を配置するのがポイントです。一人暮らしのワンルームなどでスペースの確保が難しい場合は、家具のサイズや動線を意識しながらレイアウトを考えてみてください。

ソファや椅子などの家具を選ぶ際は、デザインはもちろん、座り心地にもこだわりましょう。居心地の悪い空間にならないように、座るとリラックスできるようなソファ・椅子を選ぶのがおすすめです。ソファは大きく存在感もあるため、座面や背もたれ部分の素材などによっても印象が大きく異なります。リラックス感を大切にするならファブリック生地を、重厚感を出すならレザー張りのものを選んでみてください。種類の異なるクッションをプラスして自分らしく装飾してみるのもおすすめです。

本棚や時計、チェストなどの家具も、部屋のなかで悪目立ちせず、落ち着いた色合いのものを選びましょう。どんな雰囲気にしたいかにもよりますが、シンプルで素材感が感じられる家具を選ぶと、よりカフェ風に近づきます。また、黒板やメニューボードを模した小物を壁に掛けたり、おしゃれなカゴを置いたりしてもカフェ感が演出できます。

カフェ風リビングのレイアウト例

リビングのカフェ風レイアウトをご紹介します。

レイアウト① 優しいナチュラル色で統一したレイアウト

コーデュロイ生地のソファシーン

レイアウト② 脚部をブラックの金属素材で統一したレイアウト

ルカテレビボードのリビングシーン

レイアウト③ ワイドなソファとテーブルでゆったりくつろげるレイアウト

ルシエンソファのリビングシーン

レイアウト④ 重厚感のあるレザーのソファを主役としたレイアウト

クラフトソファのリビングシーン

カフェ風ダイニング&キッチンのポイントとレイアウトの例

ダイニングやキッチンをカフェ風にするなら、全体の統一感を意識しましょう。ここでは、ダイニングキッチンをカフェ風にする際のポイントと、レイアウトの参考例をご紹介します。

カフェ風ダイニング&キッチンのポイント

カフェ風ダイニング&キッチン

・ダイニングはテーブル選びが大切

まずは、メインとなるダイニングテーブル選びから始めましょう。ダイニングテーブルは占める面積が広いため、色や大きさ、形によって雰囲気が大きく左右されます。リビングとして使うエリアと同じ部屋にダイニングエリアがある場合は、配置する家具の色合いなどをそろえると統一感が出せます。モダンな雰囲気を出したい場合は、ブラックやダークブラウンなど暗めの色のダイニングテーブルがおすすめです。爽やかな雰囲気を出したい場合は、白などの明るい色のダイニングテーブルを選ぶと良いでしょう。

・キッチンは見せる収納を意識する

カフェ風のキッチンにするなら、木目調の棚などを活用し、使いやすさと見た目の良さを両立させた「見せる収納」を意識することがコツです。キッチンは調味料や調理器具、お皿など、ものが多くごちゃごちゃした見た目になりがちなエリアといえます。キッチンカウンターやシンク回りは、できるだけ生活感をなくすのがポイントです。

キッチンのアイテムを隠そうとすると、物の出し入れの手間がかかり、かえって不便を感じてしまうことも。そんなときは、フライパン・ケトル・コーヒーミル・トースターなど、見た目にこだわれば、インテリアとして活用できる調理器具も多くあります。カフェらしさを演出するなら、調理器具の色合いや配置にも工夫すると良いでしょう。収納に使うアイテムや調理器具、お皿などはダイニングの雰囲気に合うようにチョイスし、バランスを見ながら見せる収納にチャレンジしてみてください。

カフェ風ダイニング&キッチンのレイアウト例

ダイニングやキッチンのカフェ風レイアウトとおすすめアイテムを紹介します。

レイアウト① カウンターキッチンと横並びにダイニングテーブルを配置したレイアウト

トムテダイニング

レイアウト② カントリー調の落ち着いた雰囲気のレイアウト

CFSダイニングシリーズ

レイアウト③ ナチュラルで優しい質感のレイアウト

カラメリシリーズ

レイアウト④ 食事しながらくつろげるレイアウト

アマンシリーズ

レイアウト⑤ ヴィンテージ調の大人な雰囲気でまとめたレイアウト

ティンバーシリーズ

カフェ風の部屋作りは家具のチョイスとレイアウトにこだわろう!

お部屋をカフェ風に仕上げるなら、自然を感じさせる素材をベースにした統一感のある家具選びや、見た目にこだわった収納、レイアウトが大切です。まずはどんなカフェの雰囲気を再現するかを決めてから、理想の空間をイメージしながらインテリアをチョイスしてみましょう。憧れのカフェ風のお部屋で毎日のお家時間を楽しむために、ご紹介したレイアウトを参考にしてみてください。

この記事の監修

マーチャンダイザー鈴木

マーチャンダイザー鈴木

家具・インテリア業界9年。家具・インテリアショップの販売員を経て暮らしのデザインへ。スリープアドバイザー、販売士の資格保有。

この記事を書いた人

暮らしのデザイン編集部

暮らしのデザイン編集部

お客様の理想の「暮らし」を「デザイン」するためのアイデア記事で暮らしをより豊かに、より楽しく彩るためのお手伝いをいたします。