暮らしのデザイン暮らしのデザイン

  • 検索
  • マイページ
  • カート
ようこそ、 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}

{@ member.total_points @}P 所持

  • マイページ
  • 最近チェックした商品
  • カート

夫婦で使用するベッドの種類は?おすすめアイテム5選

夫婦で使用するベッドの種類は?おすすめアイテム5選

最終更新日:2022.11.28

※この記事は2022年11月28日時点の情報です。公開時から商品情報が変更となっている場合がございます。

夫婦二人が一緒になって快適に眠るためには、どの程度のサイズのベッドが必要なのでしょうか。ベッドが小さすぎると狭くてよく眠れなくなってしまいますが、寝室の広さによっては大きなベッドが置けないこともあります。それぞれの体格やライフスタイル、お部屋の広さなどを考慮し、ベストサイズのベッドを購入しましょう。

本記事では、夫婦で使うベッドの主なサイズや、ベッドサイズに応じた寝室の広さの目安、おすすめ商品などを徹底解説します。これから一緒に住み始める新婚夫婦やカップル、ベッドの買い替えを検討しているご夫婦などは、ぜひ参考にしてみてください。

夫婦で使うベッドのサイズ

ご夫婦で使うベッドを選ぶ前に、一般的なベッドの種類やサイズを詳しく確かめておきましょう。こちらでは、ダブルサイズやクイーンサイズなど、ベッドのサイズや特徴について解説します。

ダブルベッド

一般的なダブルベッドのサイズは横幅約140cm×長さ195cmです。ダブルベッドはシングルベッドよりも横幅があるため、二人で寝ても窮屈さを感じにくい点がメリットとなります。クイーンベッド、キングベッドと比較するとコンパクトなため、そこまで広さがない部屋にも置きやすいことも魅力といえます。シーツやベッドパッドなど、販売されている寝具の種類も豊富です。ただし、二人の体格や体型によっては狭く感じてしまい、熟睡できなくなる可能性も。購入する前に、お互いの体がぶつからないか、寝返りは打てるかなどを確認しておくと良いでしょう。

セミダブルベッドはダブルベッドよりも小さめで、横幅約120cm×長さ195cmが基本です。ダブルベッドと比較すると幅が20cmほど狭いため、二人で寝るのは難しいでしょう。ただ、お子様がいる家庭などは、セミダブルベッドを並べてつなげることで、キングよりワンサイズ上のベッドを作成することがあります。広いベッドが欲しい場合はぜひ試してみることがおすすめです。

ダブルベッドのなかには、ワイドダブルベッドと呼ばれるタイプもあります。一般的なサイズは155cm×195cmと、横幅が広くとられていることが特徴です。クイーンサイズやキングサイズのベッドを置くのは難しいものの、ダブルベッドでは狭いと悩んでいる場合は、ぜひワイドダブルベッドを検討してみましょう。ただし、ほかのサイズと比べると取り扱いが少ない傾向にある点に留意が必要です。

クイーンサイズのベッド

一般的なクイーンサイズは横幅約160cm×長さ195cmです。ダブルベッドと比べると横幅が約20cm広くなり、余裕ができます。夫婦で使用しても十分なスペースを確保でき、寝る際のストレスが少ない点がメリットといえます。寝相の悪さが気になる人も安心して眠れるでしょう。赤ちゃんが生まれた後に家族全員で寝られるベッドが欲しい場合にもおすすめです。

また、クイーンサイズのほか、キングサイズのベッドが使われる場合もあります。キングサイズは横幅約180~200cm×長さ195cmが一般的で、クイーンサイズよりも幅広である点が異なります。より広々としたスペースで眠りたい場合はキングサイズを候補に入れてみましょう。

シングルベッド

横幅約97-100cm、長さ195cmがシングルベッドの一般的なサイズです。シングルベッドを夫婦で使う場合は2台用意すると良いでしょう。つなげて使うことでキングサイズほどのサイズになるため、ゆったりと寝ることができます。ちなみに、このようにシングルサイズのベッドを二つ並べたものを「ツインベッド」と呼ぶことがあります。

ほかにも、幅が80-90cmのセミシングルといわれるサイズもあります。こちらはワンルームや子供用ベッドに多いサイズです。二人で寝る場合、2台並べてクイーンサイズと同じくらいのベッドとして使うケースが多く見られます。お子様と添い寝する際にもおすすめの使い方です。

ただ、ベッドを寄せただけでは寝ている間にズレてしまい、隙間ができてしまうことがあります。ベッドをしっかりとつなげられる便利グッズもあるため、困ったときは活用してみましょう。連結することを想定してつくられたベッドなら、フレームや脚などをしっかりと固定できるため、ズレを気にせずに寝ることができます。

つなげて使うのはもちろん、シングルベッドを離して置き、1人1台ずつ使うのもおすすめです。それぞれのスペースを十分に確保しながら眠ることができ、パートナーが寝返りを打つときの振動も気になりません。お互いの生活リズムが異なり、就寝時間が違う場合にも、ベッドを1台ずつ使えば気兼ねなく寝起きできるでしょう。

また、シングルベッド2台なら、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応することができます。例えば、お子様が増えて夫婦の寝る場所が別々になった場合、シングルベッドであれば簡単に移動させられます。お手入れのしやすさや引っ越し時の運びやすさなども魅力です。

夫婦で使うベッドに応じた寝室の大きさの目安

夫婦がゆったりと眠るためには、できるだけ大きめのベッドや布団を選びたいものです。基本的に、二人暮らしの場合はダブルサイズやクイーンサイズ、シングルベッドを2台つなげたサイズなどがおすすめといえます。ただ、寝室の大きさによっては、大きい寝具が置けないこともあります。事前に間取りをチェックした上で、寝室に無理なく設置できるサイズのベッドを買いましょう。こちらでは、ベッドの大きさ別に、寝室の大きさの目安を解説します。

ダブルベッド、クイーンサイズのベッド

ダブルサイズとクイーンサイズのベッドは、どちらもスペースに余裕があることがメリットです。かといって、二人の距離が遠くなるわけではなく、相手の温もりを感じながら眠ることができます。

ダブルベッドやクイーンサイズのベッドは、家具を置かない場合、5畳以上の部屋に置くことがおすすめです。5畳未満の部屋になるとスペースがギリギリになり、奥のほうへ移動しにくくなってしまうことがあります。ただし、5畳以上であっても間取りによっては移動用のスペースを確保できないこともあるため注意が必要です。

5畳程度の部屋であれば、ナイトテーブルのように小さな家具を置ける場合があります。6畳になると小さめの棚なども置けるかもしれません。ただ、お住まいによってはクローゼットなどのスペースが足りず、できるだけ収納スペースを増やしたい場合もあるでしょう。そんなときは、収納ベッドを購入することも一つの方法です。デッドスペースになりがちなベッド下を有効活用できるようになります。

シングルベッド2台

一緒のベッドで眠りたいものの、二人のマットレスの硬さの好みが分かれてしまうことがあります。一方は柔らかめが好みで、もう一方は硬めが好みの場合などは、硬さが違うシングルサイズのベッド二つをくっつける方法が適しているでしょう。

また、人によってベッドの趣味は異なります。収納やコンセント付きの機能性の高いベッドが良いという人もいれば、シンプルでおしゃれなデザインのベッドが良いという人も。マットレスのフィット感や耐久性を重視する人もいるでしょう。夫婦の間で好みのベッドが分かれた場合も、それぞれに合うシングルベッドを購入することがおすすめです。

シングルベッド2台をつなげると、横幅約194-200cm、長さ195cmと、かなり大きなサイズになります。寝室の広さによっては圧迫感を覚えてしまうこともあります。通路を確保するためには、6畳以上の部屋で使用したほうが良いでしょう。タンスやナイトテーブルのような家具を配置する場合は7畳以上ある部屋に設置することがおすすめです。

夫婦で使うおすすめのベッド

置きたいベッドのサイズが決まったら、実際に商品を選んで気に入ったものを見つけましょう。最後に、夫婦で使うのにおすすめのベッドをご紹介します。

ダブルサイズ ルース ベッドフレーム 左右付け替え可能引き出し

[幅]140cm[奥行]211cm[高さ]70cm

高級感漂うホワイト&ブラックのモノトーンカラー展開のベッドフレームです。棚付き、コンセント付き、左右設置可能2杯の引き出し付き等の人気な機能が揃った商品です。二人で使用できるよう、コンセントは左右両方についています。

フランスベッド シングルサイズ ベッドフレーム 高さ2段階 コンセント すのこ 日本製

[幅]97cm[奥行]208cm[高さ]83cm

二人で別々のベッドで寝たい方向けのシングルベッドです。2台ぴったりとくっつけられる設計をしており、シンプルで直線的なデザインなので境目が目立ちにくくなっています。

ワイドダブル デリム ベッド 木製 寝室 ベッドフレーム ナチュラル ブラウン

[幅]157cm[奥行]212cm[高さ]82cm

天然木の風合い豊かなシンプルモダンベッドです。ヘッドボード側板に幅木よけ加工があるので壁面と隙間なく設置でき、コードを通すこともできます。

クイーンベッド サミール 木製 ベッドフレーム 照明 2口コンセント付き

[幅]163cm[奥行]212cm[高さ]80cm

ダブルベッドよりもさらに広い、クイーンサイズのベッドフレームです。高さが二段階に調節でき、フロアベッドとして使用することもできます。

夫婦の快眠のために適切な種類のベッドを選びましょう

夫婦が一緒になって寝る際は、ダブルベッドやクイーンサイズのベッドなどを選ぶことがおすすめです。シングルサイズのベッドを2台つなげて広々としたベッドを作り出す方法もあります。睡眠の満足度を高めるためには、夫婦それぞれの好みや寝室のサイズなどを考えた上で、自分達に合うベッドを選ぶことが大切です。今回ご紹介したベッドサイズや寝室の大きさの目安なども参考にしながら、ご夫婦にぴったりのベッドを探していきましょう。

この記事の監修

マーチャンダイザー鈴木

マーチャンダイザー鈴木

家具・インテリア業界9年。家具・インテリアショップの販売員を経て暮らしのデザインへ。スリープアドバイザー、販売士の資格保有。

この記事を書いた人

暮らしのデザイン編集部

暮らしのデザイン編集部

お客様の理想の「暮らし」を「デザイン」するためのアイデア記事で暮らしをより豊かに、より楽しく彩るためのお手伝いをいたします。