暮らしのデザイン暮らしのデザイン

  • 検索
  • マイページ
  • カート
ようこそ、 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}

{@ member.total_points @}P 所持

  • マイページ
  • 最近チェックした商品
  • カート

失敗しないこたつの選び方

プロが教える!失敗しないこたつの選び方

プロが教える!失敗しないこたつの選び方

寒い季節にぴったりなこたつですが、選び方ひとつで使い勝手も使える期間も大幅に変わってきます。今回は自分に合った理想のこたつに出会えるように、こたつの特徴を解説しながら選び方のポイントをご紹介していきます。

暮らしのデザインこたつソムリエの三橋がご紹介!こたつを選ぶときのポイントを一緒に見ていきましょう。

こたつを選ぶうえでいくつかポイントがあるので一緒に見ていきましょう。
こたつのカタチから選ぶ

1.こたつのカタチから選ぶ

こたつテーブルの天板形状には大きく分けて、長方形、正方形、円形(丸型、楕円)の3種類があります。その他にも、椅子と組み合わせて使用するダイニングこたつも人気があります。

長方形のこたつ

長方形のこたつ

長方形のこたつは一般的なカタチでメーカーでも一番多く種類を出しており、デザインや大きさが豊富です。奥行のあるタイプは横にも座ることができます。

– ピックアップアイテム –

正方形のこたつ

正方形のこたつ

正方形のこたつは比較的コンパクトなものが多く、一人暮らしの方にもおすすめです。四隅から脚を入れられるので、お部屋のレイアウトに合わせやすいのが特徴です。

– ピックアップアイテム –

円形(丸型)のこたつ・楕円形のこたつ

円形(丸型)のこたつ・楕円形のこたつ

円形のこたつは角がないので好きな位置に座れるのが特徴です。丸いフォルムはお部屋の印象を柔らかくする効果もあります。角がないぶん長方形や正方形のこたつと比べると、テーブルの面積が狭くなることに注意。

– ピックアップアイテム –

ダイニングこたつ・ハイタイプのこたつ

ダイニングこたつ

ダイニングテーブルにこたつの機能が備わったものがダイニングこたつです。高さがあり立ち座りがしやすいため、足腰に痛みのある方にも使いやすいこたつです。ソファやチェアに座ったまま足元を暖めることができます。

– ピックアップムービー –

– ピックアップアイテム –

ダイニングこたつを使う場合は専用のこたつ布団と椅子を使うのがおすすめです。こたつで暖められた空気が逃げにくいなど、快適に過ごせるように工夫されています。

ダイニングこたつを使う場合は専用のこたつ布団と椅子を使うのがおすすめです。こたつで暖められた空気が逃げにくいなど、快適に過ごせるように工夫されています。

– ピックアップアイテム –


こたつの使用人数から選ぶ

2.こたつの使用人数から選ぶ

こたつを選ぶときに重要なのがサイズです。カタチや大きさによっておすすめの使用人数が異なるので、使用人数からカタチを決めるのも選び方のひとつです。一人暮らしや友人を招いたとき、ご家族での使用におすすめなサイズやカタチなどをご紹介します。

60×60cmの正方形のこたつの場合
80×80cmの正方形のこたつの場合

1人で使う

  • こたつサイズ:幅60cm、幅80cmなど
  • お部屋サイズ:4.5畳~6畳

一人暮らしで使用される場合は正方形のこたつがおすすめです。幅80cmのものは友人を招いたときに2人で使用できるゆとりがあります。

105×75cmの長方形のこたつの場合
90×90cmの円形のこたつの場合

2人~4人で使う

  • こたつサイズ:幅100cm、幅120cmなど
  • お部屋サイズ:6畳~8畳

2人~4人で使用される場合は長方形や円形のこたつがおすすめです。長方形の幅105cmのものは2人で使用すれば余裕のあるサイズです。円形は幅90cm以上のものであれば4人で使用できます。

120×80cmの長方形のこたつの場合
150×85cmの長方形のこたつの場合

4人~6人で使う

  • こたつサイズ:幅120cm、幅150cmなど
  • お部屋サイズ:8畳~10畳

長方形のこたつを4人~6人で使用される場合は幅120cm~幅150cmのものがおすすめです。幅150cmのものは長手方向に2人づつ、短手方向に1人ずつ座って使用するのにちょうどよいサイズです。


こたつのヒータータイプから選ぶ

3.こたつのヒータータイプから選ぶ

こたつを暖めるヒーターにはいくつか種類があります。近年のこたつに使用されるヒーターの中で主な3タイプをご紹介します。暖めるという基本性能は変わりませんが、ヒータータイプによって暖まるまでの早さや寿命などが異なるので、特徴を知ってお好みのヒータータイプを見つけましょう。

フラットヒーター

フラットヒーター

広い範囲をムラなく優しく暖めてくれる薄型のヒーターです。でっぱりが少ないのでこたつの中が広々使えます。

  • <メリット>
    • こたつ内の空間を広くとれる
    • こたつ内を均等に暖めてくれる
    • 他のヒーターに比べて消費電力が少ない
  • <デメリット>
    • 電源を入れてから暖まるまでに時間が掛かる
    • 最大温度が低い
フラットヒーター

真横から見ないとわからないほど薄いヒーターはこたつとして主張しすぎないので、オールシーズン出しっぱなしでもテーブルとして違和感なく使用できます。

フラットヒーター

フラットヒーターならではの薄さですので、他のヒーターではぶつかってしまう空間もゆったりと足を伸ばすことができます。

– ピックアップムービー –

– ピックアップアイテム –

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーターはスイッチを入れたらすぐに暖かい熱が伝わってくる、速熱・即暖性に優れたヒーターです。

  • <メリット>
    • 暖まるまでが早い
    • 寿命が比較的長い(約8,000時間)
  • <デメリット>
    • 大きくて分厚い
    • 他のヒーターに比べて消費電力が多い

– ピックアップアイテム –

石英管ヒーター

石英管ヒーター

昔から多くのこたつに使われてきたヒータータイプ。遠赤外線を多く放出するので、体の芯まで暖めることができます。

  • <メリット>
    • 遠赤外線効果で体の芯まで暖まる
    • 比較的低コスト
  • <デメリット>
    • 大きくて分厚い
    • 電源を入れてから暖まるまでに時間が掛かる

– ピックアップアイテム –


こたつの便利機能から選ぶ

4.こたつの便利機能から選ぶ

カタチやサイズ、ヒーターの違い以外にも選ぶポイントとして、おすすめしたい機能があります。継脚機能で高さが変えられるものや折りたたんでコンパクトにできるもの、温度調節が可能なものなど、ここからはあると便利な機能をご紹介します。

継脚(つぎあし)機能

継脚(つぎあし)機能

脚を継ぎ足すことでこたつの高さを調節できる機能です。高さを変えると足元にゆとりができたり、座椅子を合わせるのにちょうどよい高さになったり、ものによってはローテーブルからハイテーブルになる可変域のものまであります。

– ピックアップムービー –

– ピックアップアイテム –

折りたたみ機能

折りたたみ機能

脚を折りたためる機能を備えたこたつもあります。冬以外のシーズンオフのときには折りたたんでコンパクトに。使いたいときだけサッと取り出して使用するのに便利な機能です。

– ピックアップムービー –

– ピックアップアイテム –

温度調節機能

温度調節機能

電源のON・OFFの他に温度調節が可能なこたつは、ヒーターの横にダイヤルやつまみがついており、室温や好みに合わせて温度の調節ができます。

調節用コントローラーがあるものを選ぶと、こたつの中に手を伸ばして温度を調整する必要がなく手元で調節ができ便利です。

– ピックアップアイテム –


こたつでくつろぐ

昔から親しまれてきたこたつは、時代に合わせて日々変化しています。エアコンやファンヒーターに比べ省エネ効果が期待できたり、暖房による空気の乾燥が起こりづらいなどこたつにはたくさんのメリットがあります。本格的に寒くなる今、自分にあったお好みのこたつを見つけてみませんか。

こたつの選び方は参考になりましたか?暮らしのデザインでは幅広い商品を取り揃えております。理想のこたつをぜひ見つけてください。

こたつの選び方は参考になりましたか?暮らしのデザインでは幅広い商品を取り揃えております。理想のこたつをぜひ見つけてください。

こたつ商品一覧へ

ソムリエ紹介

~ソムリエ紹介~

コーディネートだけでなく幅広くご対応いたします!

<経歴>
家具・インテリア業界17年
色彩検定3級、スリープアドバイザー資格保有
<好きなこと>
サッカー観戦(推しチームに28年ハマっています)

過去の記事:おすすめこたつ特集 – 2021年度版